映画「スライヴ(THRIVE)」を観ました。タイトルは「繁栄」という意味です。
 ブログ「矢作先生との再会」に書いたように、東京大学医学部教授の矢作直樹先生に先日お会いしましたが、そのときにこの映画の話題になりました。
 わたしはDVDを持ってはいましたが、未見でした。
 ようやく、この盆休みに観ました。

f:id:shins2m:20120815171421j:image
「スライヴ」のDVD

 DVDのパッケージには、片目を包帯で覆われた女性の顔が描かれています。
 なんだかブログ「アイズ」で紹介したような眼球にまつわるホラー映画のようにも思えますが、そうではありません。「スライヴ」は世界を支配している陰謀について暴露するという、いわゆるドキュメンタリー映画です。パッケージの顔は、片目を包帯で覆われたのではなく、両目を覆われていた包帯を解かれたのでした。
 目隠しされていた彼女は、少しづつ真実を見つめ始めたわけです。

 アマゾンのDVD「スライヴ」のページには、次のような内容紹介があります。
 
「今、世界は目覚めようとしている 。
人類史上最大の陰謀を暴く、衝撃のドキュメンタリー!
環境破壊、飢餓、戦争、天災、そして経済破綻と、次々に世界を襲う危機は、とどまることがない。これらの危機に対し、人類はなんら有効な解決策を手にすることができていない。
しかし本当に何も手立てがないのだろうか?
はたして、我々は常に真実を知らされているのだろうか?
グローバル企業、P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)社の創業一族の息子 として生まれ育ったフォスター・ギャンブルは、若き日にそのような疑問を抱く。彼は、実業家になる道を捨て、科学者となり、この問題解決の追及に生涯を費やす決心をする。長い探求の旅の果てに彼が見つけ出した真実は、メディアでは絶対に語られることのない、 全ての人類を支配する驚愕すべきシステムの存在だった。あらゆる産業、農業、医療、経済、軍事、マスコミにまで及ぶ、完璧とも言える支配体制が世界規模で構築されていた。この支配の真の姿を白日のもとに晒し出し、人類を解放し、真の繁栄(THRIVE)を奪還するため、彼は私財480万ドルを投じ、本作『THRIVE』を製作した。
2011年11月11日「リセットの日」に、『THRIVE』は全世界に向けて公開された。
その衝撃と感動は大きなうねりとなって、全人類へと確実に広がっている」

 また、《日本の皆さまへ》として、映画の制作者であるフォスター・ギャンブル氏が以下のようなメッセージを送っています。

「3・11東北関東大震災と福島原発事故から1年が過ぎた今、映画スライヴの製作チーム、妻のキンバリーと私は、健康、環境そして経済における逆境、史上無比な惨事に瀕して立ち向かう皆さま方の尽力を想い、皆さまがたが身を以て示された勇気を心から讃えます。そして、原子力を否認するため立ち上がってくださったことに感謝しています。 人類がクリーン・エネルギーへと転向して行くために、また、エリートたちによる破滅的な中央集権銀行システムから脱していくうえで、日本が世界の手本となるために、この作品が少しでもお役に立ちますよう願っています。合気道が、私の人生に多大な影響を及ぼしたように、今、あなた達が示してくださるお手本を通して、世界中の人々もまた日本から多く学ぶことでしょう。映画スライヴが、今日の日本の皆さまのためになればと願っています。私たち万人のため、そして互いの子孫のために皆が望む、真に繁栄し合う世界を共に構築して行きましょう」

 現在、YouTubeにおいて「スライヴ」全篇が日本語で視聴できます。(上の動画)
 また、英語での「THRIVE公式サイト」で視聴することができ、さらに詳しい内容を知ることもできます。

 日本人に向けられたフォスター・ギャンブル氏のメッセージには「クリーン・エネルギー」という言葉が登場しますが、これは「フリーエネルギー」のことです。
 新刊『死ぬことが怖くなくなるたったひとつの方法』(徳間書店)で、矢作先生は「フリーエネルギーを利用する未来もあるかもしれない」として、次のように述べています。

「アメリカの企業プロクター&ギャンブル社のギャンブル家の御曹司フォスター・ギャンブルが制作した衝撃の映画『THRIVE(スライヴ)』では、フリーエネルギーについて詳細に報告されています。このフリーエネルギーを利用できれば誰でもどこでも電力を得られます。このフリーエネルギーの流れの形をトーラスと言い、このトーラスはベクトル平衡体という骨格構造を呈しています。宇宙や原子などの自立的に運動しているものは皆この形です。そしてこれらの構造はエジプトのオシリス神殿の壁、紫禁城の唐獅子の乗る球、現在時々畑に出現する謎のミステリーサークルなどにも見られます。
この映画では、この素晴らしいフリーエネルギーが普及できない理由として完全な世界支配を企てている国際銀行家たちの存在に勇気を持って言及しています。
彼らにとって世界支配のための方便であるエネルギーが誰でもどこでも自由に得られては具合が悪いからです。しかしこれからは万難を排してこの方面の研究を進めていかなければならなくなるでしょう」

 「スライヴ」を観たわたしの感想は、「大変な労作だ」と思いながらも、その内容に関しては、正直言って「すべてが真実ではないが、すべてが嘘でもない」です。
 ブログ『陰謀論にダマされるな!』ブログ『世界の陰謀論を読む』ブログ『陰謀史観』にも書いたように、わたしはいわゆる「陰謀論者」に対しては批判的な見方を持っています。その点、この「スライヴ」では、世界支配を企む陰謀集団の頂点を「イルミナティ」としており、そこには落胆しました。また、古代文明の由来を安易に地球外生命に求めたり、爬虫類人類(レプティリアン)の実在を被害妄想的に唱え続けるディヴィッド・アイクのインタビュー映像を何度も流すことにも違和感を感じました。
 ただし、「トーラス」についての説明、世界の金融システムの仕組みなどの解説は、じつに見事であると思いました。金融の解説など、そのへんの経済番組でのエコノミストの解説などよりもずっとわかりやすく、本質を衝いています。
 もちろん、安易に陰謀論に組することは避けなければいけません。
 しかし、「陰謀論の中には必ず真実がある」と主張する人もいます。
 作家の五木寛之氏などもその1人で、ブログ『下山の思想』で紹介した本の中で、五木氏は「真実は必ず一種の怪しさを漂わせて世にあらわれる」と述べています。

 最後には、合気道の開祖である植芝盛平が登場したので、驚きました。
 なんでも、フォスター・ギャンブル氏は合気道をたしなんでいるそうです。
 同氏は合気道を「暴力に拠らない現代武術」として紹介し、「合気道は世界支配勢力に対して効果的で非攻撃的な対処をする上で強力な指針となります」と述べます。
 植芝盛平は、「合気道を実践するには、原子や銀河の動きを真似なければならない」と教えたそうです。フォスター・ギャンブル氏は、非暴力を実践したガンジーやキング牧師の名を挙げながら、「世界支配勢力に対しては攻撃的であってはならない。そうすれば、相手の警察機能を強化するだけで逆効果である」として、モラル的にも戦略的にも「非攻撃的」が重要であると訴えます。

 合気道といえば内田樹氏の顔が思い浮かびますが、大阪市の橋下徹市長との確執が話題になりました。内田氏が、理想の行政を合気道道場の経営になぞらえて発言したことが橋下市長の逆鱗に触れたのです。
 その後、橋下市長はツイッターや記者会見で著者を批判しています。
 でも、内田氏の言いたかったのは単なる行政のモデルとしてではなく、フォスター・ギャンブル氏の言う合気道の本質だったのかもしれないなどと思いました。

 フォスター・ギャンブル氏の目指す社会は、わたしが『ハートフル・ソサエティ』(三五館)で描いた社会とも共通する部分が多いと感じました。みなさんは、この驚愕のメッセージに満ちたドキュメント映画「スライヴ」をどのように見るでしょうか?
 特に、ゴアの「不都合な真実」を観てショックを受けた方は、ぜひ御覧下さい。
 きっと、あの映画を遥かに超える衝撃を受けることでしょう。

  • 販売元:アウルズ・エージェンシー
  • 発売日:2012/05/05
PREV
HOME
NEXT