昨日のブログで紹介した「鬼婆」に多くの方々が関心を抱かれたようで、たくさんのメールをいただきました。
 ちなみに、わたしへのメールは公式サイト「ハートフルムーン」から送信できます。

 さて、メールの中で多かった質問は、「フリードキン監督は『鬼婆』の他にはどんなホラー映画が怖いと言っているのか」というものでした。

 じつは、ある映画誌の記事をネット上で見つけました。ホラー映画の金字塔とも言うべき「エクソシスト」(73)のウィリアム・フリードキン監督が、13本のホラー映画を紹介していました。
 いずれも、「見るたびに悪夢にうなされたような気分になれる」とフリードキンが太鼓判を押した作品ばかりです。彼がよく見る悪夢とは、「誰かが自分を殺そうと追いかけてくる」というリアルなものだそうです。どうやら怖い映画のラインナップも、その悪夢を反映していそうです。

 では、13本の怖い映画を紹介します! 以下の通りです(年代順)。

「謎の下宿人」(44)ジョン・ブラーム監督
「らせん階段」(46)ロバート・シオドマク監督
「悪魔のような女」(55)アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督
「サイコ」(60)アルフレッド・ヒッチコック監督
「鬼婆」(64)新藤兼人監督
「ローズマリーの赤ちゃん」(68)ロマン・ポランスキー監督
「肉屋」(70)クロード・シャブロル監督
「悪魔のいけにえ」(74)トビー・フーパー監督
「サスペリア」(77)「サスペリア2/紅い深淵」(75)ダリオ・アルジェント監督
「エイリアン」(79)リドリー・スコット監督
「ファニーゲーム」(97)ミヒャエル・ハネケ監督
「THEM/ゼム」(06)ダビッド・モロー&グザビエ・パリュ監督

 アルジェントの「サスペリア」は1.2と選ばれているので、正確には14本ですね。このラインナップを見ると、たしかに怖い映画が多いです。

 わたしは、どうしてもDVDが入手できない「謎の下宿人」を除いては全作品を観ました。

 中でも、「悪魔のような女」(55)、「サイコ」(60)、「ローズマリーの赤ちゃん」(68)、「サスペリア」(77)、「サスペリア2」(75)はやはり怖かったですね。

 それ以外では、三島由紀夫も評価した「顔のない眼」(59)とか「血を吸うカメラ」(60)、「回転」(61)、「雨の午後の降霊祭」(65)、「ウィッカーマン」(73)、「ピクニック・アット・ハンギングロック」(75)、「シャイニング」(80)などが個人的には忘れられません。

 あと、オムニバス映画「世にも怪奇な物語」(67)の第3話「死神の子守唄」も良かったですね。フェリーニが監督した作品です。

 最近の作品では、「シックス・センス」(99)や「アザーズ」(01)などの、ひねりを加えた心霊モノが好きです。
 それにしても唯一の日本映画としてフリードキンに選ばれた「鬼婆」はすごいですね。

 「鬼婆」以外の日本映画では、中川信夫の「東海道四谷怪談」(59)と「地獄」(60)がまず思い浮かびます。
 それに「雨の午後の降霊祭」をリメイクした黒沢清の「降霊」(01)が秀逸です。
  黒沢清では、「CURE」(98)や「回路」(00)もいい。

 落合正幸が監督して稲垣吾郎と菅野美穂が主演の「催眠」(99)も良かった。他に、Jホラーでは清水祟の「呪怨」(03)や「輪廻」(06)も怖かったですね。

 良質のホラー映画を観ることは、日常に亀裂を入れて生き生きと生きるためにも必要なことだと思います。
 怖い映画を観るたびに、わたしの想像力は刺激されます。
 みなさんも、レンタルショップなどでDVDを借りるときの参考にされて下さい。

20100222182021.jpg
マイ・ホラー・コレクション

  • 販売元:
  • 発売日:
PREV
HOME
NEXT